ヘアーアイロンの正しい使い方~髪を傷ませないために~

正しい使い方とは?

ヘアーアイロン

アイロンする前に!

アイロンはすぐに使うことはNGです。髪の負担を軽減させたり、品準備を行うことによって長持ちさせることもできます。一番基本となるのが、髪の毛をちゃんととかすこと。ストレートヘアはなおさら、最初は絡まった髪を直すところからです。

ヘアーローション

アイロンをかける前に、ヘアーローションやストレートウォーターといったものを利用すると長持ちする効果を得ることができたり、髪型を作りやすくなったりします。

髪の根元から開始!

ヘアーアイロンを使うには髪の根元から始めましょう。根元から毛先という順番を決めてアイロンをかける事で、綺麗で効率的に髪型を作ることができますよ!

アイロン後のケアも◎

ヘアーアイロンをかけたあとは髪がダメージを受けていたり、非常に乾燥した状態になっています。オイルなどで髪に潤いをあたえたりすると良いでしょう。

髪を傷ませない方法ベスト5

no.1

長時間あてない!

ヘアーアイロンは長時間当てる事によって髪へのダメージが大きくなります。重要なポイントは、温度が高くでも短い時間で終わらせることです。

no.2

ダメージケアのアイロンを選ぶ

ヘアーアイロンにはダメージケアを行うものがあります。ダメージケアのタイプを利用することで、通常のヘアーアイロンより受けるダメージを少なくすることができるでしょう。

no.3

絶対に濡らさない

髪を濡らした状態でヘアーアイロンをかけると、普通よりもかなりダメージを受けてしまうので注意しましょう!パチパチと音がなる状態は、髪が破壊されている証拠です。

no.4

同じ部分に繰り返し当てない事

ずっと同じ部分に繰り返しアイロンを当てることで、ダメージがかかってしまいます。ヘアーアイロンを当てる部分をローテーションさせることで、負担を減らすことができます。

no.5

使用頻度を減らす

ヘアーアイロンを使う頻度を減らすことによって、ダメージを受ける回数を減らすということです。毎日利用するのであれば、パーマをかけてもらうと髪へのダメージを減らすことができます。

広告募集中